黒い下着の女性

風俗店へ行く事は恥ずかしくないです

男性が風俗店へ行く事は何も恥ずかしくありません、寧ろ勇気を出して行ってください。風俗店はあるべき理由があり、経営されている立派な接客サービスです。
私が何故風俗店へ行くことが恥ずかしい行為ではなく、それが立派な接客サービスかというと「風俗店がある事によって確実に性犯罪への気持ちの抑制が出来ているから」です。男性の殆どの方は性欲の塊です、私もその内の一人です。そんな男性が日本に6000万人前後いて、仮に風俗店がなかったとしてください。その多数の人達の性欲を合法的に発散する場所がなくなるのです。つまり、その分性犯罪に手を出す人が絶対に出てくるので風俗店が無いと性犯罪率が急上昇してしまうのです。
その事から日本人男性の性欲を抑制させてくれている接客サービスとして風俗は立派なお仕事だと思いますし、男性が風俗へ行くことは何も恥ずかしい事と思っていません。私もスカートの中が見れたら良いな、知らない女性を触れたら良いな、など思う時はあります。ですが、それは風俗店へ行くことで合法的にもっと良い事をされて気持ちよくなれるので、無事メリハリをつけてまっとうな人生を生きれています。
この事から私は是非男性の皆さんには積極的に風俗店に行ってほしいと思います。